2016-11-12から1日間の記事一覧

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月31日

早朝、ラストリーフの鍛冶場を借りて新しい弓を作った。 次の鉱山を求めウィンドヘルムへ。馬車はないので船だ。夕方頃にウィンドヘルムに到着。 宿屋「キャンドルハース・ホール」でロルフという男と殴り合いになったものの、温かい食事と暖炉の火はとても…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月30日

より良い鉱石を求め、ホワイトランを発つことにした。まずは良質な水銀鉱があるというドーンスターへ。馬車で数時間。昼過ぎには到着した。ホワイトランと違い恐ろしく寒い。 水銀鉱山で水銀を採掘し、アイアンブレーカー鉱山で鉄を採掘した。副産物として良…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月29日

朝から雷雨が続く。 ファルクリース発の馬車はないため、歩いてホワイトランを目指す。昼過ぎには雨も止み、ホワイトランに着く頃にはすっかり晴れ間が広がっていた。絶好の鍛冶日和だ。 オリハルコン鉱石を精錬し、オークの鎧を一式拵えた。堅牢で素晴らし…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月28日

夜明け前にファルクリースを出発した。 賞金首が潜んでいるというバイルガルチ鉱山は良質なオリハルコン鉱で、外には炉も鍛冶場もあるいい鉱山だった。 シドゲイルに頼まれたナイフポイント・リッジの山賊排除も成し遂げた。この野営地には鉄鉱山があり、首…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月27日

件の山賊がいるという野営地まで結構距離がありそうだったので夜明け前に宿屋を出た。 ファルクリースを出てすぐ、頼まれていた犬を見つけたが、なんと犬が喋った! 自らをバルバスと名乗った犬は飼い主との間に何か困ったことがあるらしく助けてやることに…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月26日

ファルクリース首長から手紙が来ていたのを思い出し、会いに行ってみることにした。馬車に揺られて数時間。昼過ぎにはファルクリースに到着した。墓地だらけの陰気な場所だ。 首長のシドゲイルに謁見する。自分の汚職の後始末を押し付けてくるなどあまり良い…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月25日

早朝、ホワイトランに戻る。午前中は採掘した鉱石を精錬することに費やした。 午後、数日ぶりにリバーウッドを訪ねた。エンバーシャード鉱山で鉄を採掘し、日没にはホワイトランへと戻ることができた。 鉱山で良質な宝石を手に入れたのでいくつか宝飾品を作…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月24日

午前中は鋼を叩いて過ごした。鎧の修繕と補強。スカイフォージを借りて刀剣を作ってみたがやはり違いが分からなかった。午後は鉱脈を探しに出た。バトルボーン農場付近で鋼玉と水銀鉱脈を発見した。その後ホルステッド・ストリームの野営地まで行き、鉄鉱石…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月23日

午前中は鍛冶場に籠る。 午後、ウスガルドを誘い静かなる月の野営地を強襲した。例によって首長の布告である。 報酬の件はさて置き、この野営地で「月夜の鍛造術」という技術書を見つけた。実に興味深い。 その付近で良質な金銀鉱脈を発見した。覚えておこう…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月22日

午前中は鍛冶場で過ごす。鋼を叩く音はとても心地よい。 午後、アムレンに頼まれた剣を取り返しにヴァルトヘイム砦に向かう。道中、アストリッドなる人物に雇われたらしい暗殺者に襲われた。その名に心当たりはない。誰なんだ? 剣は無事取り戻しアムレンに…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月21日

昼過ぎまで鍛冶場で過ごす。 バナードメアで昼食後、ウスガルドとレドラン家の隠居所を襲撃する。首長による賞金首の布告なので案の定報酬も金貨100枚と少なく、その大半は宿代と飲み代に消えることになった。 ウスガルドがあんなに大酒飲みだとは知らなかっ…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月20日

しばらくホワイトランに滞在するつもりだが、スヴェンは村に帰るというので、鋼鉄の装備を一式作り託した。ホワイトランから衛兵が派遣されるというが正直心許なかった。彼なら村を守れるだろう。 午後、スカイフォージを訪ねた。ここのフォージマスターであ…

クリストフの日記 第四紀201年収穫の月19日

宿屋「スリーピング・ジャイアント」の主人から山賊討伐の仕事を紹介された。私は傭兵ではなく商売をしにスカイリムに来たのだが、元手がなくてはどうしようもなく引き受けることにした。 昨日の冒険が気に入ったのかスヴェンが賞金首討伐に同行してくれた。…