読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的夢世界

手違いでトラックにTNT爆弾を仕掛けてしまった。
解除不能なので、起爆スイッチに触れないように注意して帰宅する。
スイッチをクローゼットにしまって眠る。
目が覚めてそれが夢だったと気付いた。
安心して棚からフォルダを取り出す。
中には数枚のカードと現金があった。
総額数万円といったところ。
さてそれをどう使うかと考えていたところで目が覚めた。
そこはよく知ったダーツバーだった。
どうやらうたた寝していたらしい。
見知らぬ客と一緒に投げる。
気付いたら自室の床に倒れていた。
周辺には棚から落ちた本や小物が散乱していた。
地震が起こって上から落ちてきた何かが当たって気を失っていたらしい。
外は雨だ。
出るのが面倒だと思いながらも、洗濯物を取り込むためにベランダに出た。
眩しい。
真夏のような太陽がギラついている。
ポケットにスパイダーマンの公式設定資料が入っていた。