読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンデッド

正体不明のアンデッドが徘徊しているらしい。
半壊した放置車両に乗って坂道を進む。
夜間は車での移動の方が安全だ。
ただ、ドアがないので襲われたらひとたまりもない。
できるだけスピードをあげて、駆け抜ける。
ビルの影に、不死者の影を見たような気がした。
山奥の神社にたどり着いたころには夜が明けていた。
ここは観光地になっている。
登山口と書かれた看板と、巨大な鳥居の向こうに見える巨大な機関車。
あれはどうみてもトーマスだ。