読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやしい三にんぐみ

夢日記

祖母の家にいると、清掃業者を名乗る3人組がやってきた。
掃除を頼んだ覚えはない。
業者は勝手に家に上がりこんで来て、キッチンの掃除を始めた。
リーダーらしき白髪のおっさんは掃除をするでもなく、チェックシートに何かを記入しながら他の部屋をうろうろ。
シートを覗き見すると、壷やら絵画やらの項目が。
これは怪しいと思いもう少し観察してみる。
おっさんが着物に触ろうとしたので思わず「それに触るな!」と叫ぶ。
掃除員の一人を締め上げて洗い浚い吐かせた。
やっぱりこいつらは清掃業者じゃない。
おっさんのところに連れていき、責め立てる。
おっさんも自分たちの正体を白状した。
ボディチェックしたところポケットから蔵にしまってたはずの金貨が数枚でてきたので警察につきだした。