読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危機

夢日記

山頂にある神社を目指す。
長い階段を登り、鳥居をくぐると神殿と呼ばれている高層ビルがそびえ立っていた。
エレベーターで最上階を目指す。
最上階の大広間で神官たちが祈祷していた。
都の危機とあって皆必死だ。
神官長に用事があったのだけど、忙しそうなので使いの鴉に伝言を託して部屋を出る。
ロビーでテレビでよく見かける大物政治家とすれ違った。
彼は大勢のSPに囲まれていた。
いよいよ都も危うくなってきたようだ。
外に出ると黒塗りの公用車。
その影に反政府派と思われる賊が隠れていた。