クリストフの日記 第四紀201年収穫の月26日

ファルクリース首長から手紙が来ていたのを思い出し、会いに行ってみることにした。馬車に揺られて数時間。昼過ぎにはファルクリースに到着した。墓地だらけの陰気な場所だ。

首長のシドゲイルに謁見する。自分の汚職の後始末を押し付けてくるなどあまり良い印象はしなかったが、首長であることに変わりはないので恩を売っておくのも悪くない。

 鍛冶屋のロッドからは犬を捕まえて来て欲しいと頼まれた。

夜、宿屋「デッドマンズ・ドリンク」へ行くと血気盛んなノルドに襲われた。こちらは丸腰だというのに、向こうは斧を振りかざして来た! 酷い目にあったが今夜はこの宿に泊まることにした。