クリストフの日記 第四紀201年収穫の月19日

宿屋「スリーピング・ジャイアント」の主人から山賊討伐の仕事を紹介された。私は傭兵ではなく商売をしにスカイリムに来たのだが、元手がなくてはどうしようもなく引き受けることにした。

昨日の冒険が気に入ったのかスヴェンが賞金首討伐に同行してくれた。吟遊詩人という人種は冒険が好きなものなのだろう。

ホルステッド・ストリームの野営地を強襲し、山賊長を始末、そのまま賞金を受け取りにホワイトランにやって来た。賞金として金貨100枚を受け取り、半分はスヴェンに渡した。危険な仕事の割に報酬が少ないが、ホワイトランの財政はそれほど悪いのだろうか。

宿屋「バナード・メア」はリバーウッドとは違い賑やかでいい。