クリストフの日記 第四紀201年収穫の月29日

朝から雷雨が続く。

ファルクリース発の馬車はないため、歩いてホワイトランを目指す。昼過ぎには雨も止み、ホワイトランに着く頃にはすっかり晴れ間が広がっていた。絶好の鍛冶日和だ。

オリハルコン鉱石を精錬し、オークの鎧を一式拵えた。堅牢で素晴らしい出来栄えだ。