読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリストフの日記 第四紀201年薪木の月5日

寝ている間に吸血鬼が戻ってこないかと不安はあったが、無事に定命の者として目覚めることができた。砦最奥にいた吸血鬼の長を倒し、その近くで銀鉱脈を発見。

宝箱に入っていた謎の石に触れると声が頭の中に流れ込んで来た。声はキルクリース山にこの石を持って来るよう命じてきた。厄介ごとの予感がする。

国境付近で月長石の鉱脈を発見。

リバーウッドで遅めの昼食を食べ、夕方頃ホワイトランに帰って来た。

月長石でエルフ風の鎧を作り、そしてついに先日のノルド風の鎧を完成させた。