読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリストフの日記 第四紀201年降霜の月3日

ウィンドヘルムのオエンガルから鋼鉄を仕入れ、鎧をいくつか納入。

ナルズルブール要塞のオークから「鍛冶の巨匠の指」の存在を聞き、それがあるというアンシルヴァンドへと向かった。ドラウグルと死霊術師が巣食うこの洞窟でルア・アル・スカベンを名乗る死霊術師と戦った。戦死した夫の復讐のため、死者の軍隊を作ろうとしていた危険な女だ。鍛冶の巨匠の指を発見した。

戻るには遅いのでルアの部屋で眠ることにする。