読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリストフの日記 第四紀201年黄昏の月26日

吸血鬼たちが何かを行なっているというディムホロウ墓地へ向かった。先行していた番人トランは吸血鬼たちによって殺害されていた。さらに奥へと向かい他の番人を見つけたが彼もまた息絶えていた。持っていた研究ノートによるとステンダールの番人はなかなか非人道的な実験を繰り返して来たようだ。

墓地の最奥部に封じられていたセラーナというお嬢さん(といっても私より遥かに長生きしているが)を助け出した。彼女も吸血鬼だというが他の吸血鬼たちとは何かが違っていた。

宿屋「ナイトゲート」に宿泊。